毛穴の開きが気になる

肌をきれいにするために、ハイレベルマックス、超高級な高級なクリームとか使う必要はないんですよ。 腸内環境を整えておくだけで、お肌もハイレベルマックスになれるんですよ。

毛穴の開きが気になる > 肌をきれいにするには、まずは腸です

肌をきれいにするために、ハイレベルマックス、超高級な高級なクリームとか使う必要はないんですよ。 腸内環境を整えておくだけで、お肌もハイレベルマックスになれるんですよ。

腸内フローラを育てましょう

バナナ型がいいとか、水に浮かぶのがいいとか、朝出るのがいいとか、便についてはいろんなことが言われています。

もう一つ、いい便ってね、お尻を拭いたとき、紙につかないってことなんです。便器も紙も汚れないのがいい便ですよ。

そんないい便が出るようになるためには、腸の中に微生物がわんさかいてくれることが必要です。

多種多様な微生物がいてくれると腸の中は、きれいに色分けされたお花畑のようになっているので、フローラと呼ばれています。

近頃は、抗菌グッズや殺菌効果が高い洗剤を使う人が多いと思うのですが、菌をやっつけすぎると、必要な菌までいなくなってしまいます。

悪玉菌という名前だけを見ると、いないほうがいい菌のような悪いイメージを持ってしまいますけど、強い病原菌や大量の添加物など体にとって悪いモノが侵入してきた時に活躍してくれるのが悪玉菌です。

悪玉菌がいなかったら、腸の中は全滅してしまうんですよ。
 

悪玉菌も必要です

普段は善玉菌が活動していて、日和見菌も一緒に仲良くと言う腸の状態がいいようですね。

悪玉菌が活躍しないといけない状況っていうのは、困ったものが腸に入って来たとき。
悪玉菌が頑張り始めると、日和見菌が「おっ、頑張ってるね、じゃあ、俺たちもそっちへ行ってみようか~」とますます悪玉菌が活発になるので、下痢がひどくなったりするんです。

でも悪玉菌が活躍しないといけない原因が無くなってしまうと、また悪玉菌は静かになります。日和見菌もつまらなくなって、離れて行ってしまいます。

なので、下痢をしている時、薬で抑えようとすると、せっかく悪玉菌がやっつけてくれてるのを邪魔することになるので、あまり下痢止めを使わないほうがいいとも言えます。

また善玉菌ががんばれる環境になったら、便の調子も良くなってきます。

善玉菌、悪玉菌は肌に住んでいるだけでなく、腸の中にも住んでいて、私たちの健康をしっかりと守ってくれているんですね。